『broken link checker』リンクエラーの『タイムアウト』の対処方法

タイムアウト① ブログで脱奴隷

悩む人&考える人

悩み考える人「WordPressのbroken link checkerのリンクエラーで『タイムアウト』っていうエラー出たんだけど、どういう意味だろう? 何で出たんだろう? どうやったら直せるんだろう?」

 

こういった悩みに答えます。
  • broken link checkerの『タイムアウト』の意味とエラーが出た理由が分かる。
  • broken link checkerの『タイムアウト』の直し方、対処方法が分かる。

単純なパターンとそうでないパターンの2通りありますが、どちらも対処方法は簡単です。
私が実際に遭遇した事例と対処方法を紹介しますので、トラブル解決に向けて共有したいと思います。

ちなみに解説に使うエディタはクラシックエディタですのでご承知おき下さい。

 

『broken link checker』リンクエラーの『タイムアウト』の対処方法

どんなパターンかと言うと、結論からすると、

  1. リンク先サイトのURLが変わっている⇨リンクをクリックしてもリンク先に移れない。⇨リンク先を確認して貼り直す。
  2. リンク先サイトのサーバーが何らかの原因で応答していない⇨クリックしたら問題無くリンク先に移れる。⇨リンク先に問題無く移れたら、リンク先を表示させた状態でほっておく。

 

それではそれぞれを具体的に見ていきましょう。

リンク先サイトのURLが変わっている場合の対処方法

まず届いたメールを見てみると、

リンクエラータイムアウト①

こんな感じでエラーが表示されています。とりあえず一番下のすべてのリンクエラーを見てみましょう。

 

リンクエラータイムアウト②

リンクエラーの内容を見てみると、エラー内容は『タイムアウト』となっており、エラー対象はリンクの『画像』という事が分かります。

 

リンクエラータイムアウト⑧

『画像』をクリックするとエラー内容の詳細を確認出来ます。『ドメインが存在しないかサーバーが応答していない可能性があります。リンクエラーです』と表示されています。
何となく分かったような、分からないような、そんな感じですよね。
とりあえず一番上のリンクから確認していきましょう。

リンクのURLは、

リンクエラータイムアウト③このようになっています。

 

リンクエラータイムアウト④

次に、該当のページのとこにカーソルを合わせて『編集』をクリックして編集画面に入ります。

 

リンクエラータイムアウト⑤投稿の編集画面になったら、テキスト画面に切り替えます。
次にキーボードで『CTRL+F』を押します。すると画面右上に検索窓が出るので、リンクエラーのURLをコピペしEnterを押して検索します。

検索がヒットしない場合、件数が0/0となります。ちょうどこの事例ではそうなってますね。
その場合、URLの最後の文字をコピペします。
リンクエラータイムアウト⑥
右端のところをコピペして検索します。

 

リンクエラータイムアウト⑦カラーの付いた箇所が問題のあるリンクになります。
その他エラーがある場合は、右上検索窓の分数で表示され、画面右端のスクロールバーの所に横線でカラーされています。ここにスクロールさせるとエラーがある事を知らせています。忘れずにチェックしておきましょう。

 

リンクエラータイムアウト⑩ビジュアル画面にすると、この画像リンクに問題があるのだと分かります。

 

リンクエラータイムアウト⑨実際にサイトのページを見てみましょう。
念のため、画像リンクにカーソルを合わせると、下にリンク先URLが表示されます。
『B00UL205E8』と表示されているので、この画像だと特定出来ます。
では、画像リンクをクリックしてみましょう。リンク先のページが表示されなければ、そのページはURLが変更されたか、削除されたかで存在しなくなっているので、修正しましょう。

リンク先サイトのURLが変わってなくて不具合が見つからない場合の対処方法

画像リンクをクリックして、リンク先のページが問題無く表示されるパターンがあります。
この場合は、リンク先のページが何らかの原因で内部の処理が遅くなっているか、止まっているため、内部処理が一時的に応答していないと考えられます。
表向きは正常に動作は実行されています。ですので、この場合は、リンク先を表示させた状態でしばらく待ちましょう! そのうち正常に動作します。私の場合、30分程度待っていたら直りました。
修正後、もしくはしばらく放置した後、再度リンクエラー画面で確認します。

 

リンクエラータイムアウト⑪カーソルを合わせて、『再確認』をクリックすると、上図のようにステータスが、『200 OK』となったら修正完了です。
要するに、リンクエラーとなった箇所をクリックして、先にページが無ければ修正、問題無くリンク先のページに飛べばエラーはリンク先を表示させた状態でほっておく。という事になります。
以上で、リンクエラーの『タイムアウト』の対処方法の解説を終わります。
お疲れ様でした。

このブログではAIを用いて新たなる開拓をしています。一部記事はきりんツールのAIによる自動生成機能で作成されています。

AIの発展は劇的で、驚くほどに進化を遂げています。AI×ブログ記事の自動生成はもちろんのこと、AI×画像自動生成によるインスタグラムの画像投稿自動化、AI×X(旧Twitter)ツイート自動生成、AI×動画作成の自動化、AI×物販無在庫販売、AI×LINEスタンプの自動化無限販売、AI×アプリ自動生成販売等々……。収益化できる今最も熱い最先端のAIについてもっと詳しく知りたい・学びたいという方はこちらで最先端のAIを学べます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました